国際事業部/調査・分析業務:実績
貿易振興促進センター;現地施設調査及び、施設計画分析業務
マッカサル、メダン及び、バンジャルマシン地区
(2003年〜2004年)
 
・貿易促進振興支援計画として、インドネシア国から提供される建物施設が提供される器材、機器設置に適合しているか検証の為、現地視察を行い、施設の診断及び、審査、評価を行った。
・スラウェジ島マッカサルの施設は、診断の結果、既存施設は著しく構造的に強度不足で、既存施設を解体し、新設建物施設の整備を行うこととなった。
・メダン、バンジャルマシン、JICAから支援される諸機材に対し、建物施設内容が不備で、診断結果インフラ(通信、電気、コンピューター関連等)の 整備及び、施設の主要な部位の改善計画を作成、提案し改善計画が実施された。
 
 
 
 
 
 
 
  国際事業部トップに戻る
Copyright (C) 2004Archi form design&Engineering.All Right Reserved.